投資のメソッドで無理なく稼ぐ−取引記録すべて公開−

「お金がずっと増え続ける 投資のメソッド アイドルのわたしでも。」を読んでマネーパートナーズに口座を開設し、200万を元手に金取引を始めました。金ドル市場で1オンスずつ取引をしています。3ドル下がったら買って、4ドル上がったら売ります。ギャンブルじゃない投資を実践していきたいです。毎週土曜日更新予定です。※投資は自己責任で行ってください。

中国だけでなくメキシコにも追加関税発動か?【第71週】5月5週~6月1週/純資産2,395,283円/売却益2,788円【通算702,581円】

当ブログは投資を勧めるものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。

概要

金ドルCFD取引 第71週目【元金2,500,000円】

現在の純資産2,395,283円

 

5月27日~6月1日の1週間

2,788円の売却益【通算702,581円】

1,175円のスワップ損【通算123,588円】

含み損45,519円→含み損23,544円

純資産2,371,695円→2,395,283円【23,588円】

始値1,285ドル→終値1,305ドル【+20ドル】

売却損0円【通算662,775円】

5ドル下がったら1オンス買って、それが5ドル上がったら売却しています

1週間の取引記録

約定日時 売買 数量 約定レート 建値 取引損益 スワップ
2019/6/1 2:27 1 1305 1299.9 553 -597
2019/5/31 23:34 1 1300 1295 543 -180
2019/5/31 18:21 1 1295.2 1289.7 598 -180
2019/5/31 9:01 1 1290 1285 546 -169
2019/5/31 0:04 1 1285 1280 548 -49
2019/5/28 21:16 1 1280      
          2,788 -1,175

1週間の値動きと週末時点での保有状況

f:id:saio-ga-horse:20190601112744j:plain

2019/6/1

関連ニュース等

gold.bullionvault.jp

今週金相場は、米中貿易戦争激化傾向からドルが大きく上げたことで、頭を押さえられていましたが、昨日のトランプ大統領のメキシコへの追加関税からも上昇し、1月以来の月間の上昇を記録する方向で上昇しています。

また、英国においても、ブレグジット党が欧州議会選で2大政党の保守党や労働党を抑えて圧勝したこと、また 先週金曜日に退陣を表明したメイ英首相の後任を選ぶ与党・保守党の党首選で、立候補者の顔ぶれから「合意なき離脱」のリスクが高まりポンド売りが進み、やはりドルを支えることとなりました。

jp.reuters.com

中米諸国からメキシコを通って米国に入る移民の流れを止める対策をメキシコが講じなければ、関税率は7月1日に10%、8月1日に15%、9月1日に20%、10月1日に25%に引き上げるとした。

メキシコの米国向け輸出は全体の約80%を占めており、関税が上昇すれば、第1・四半期にマイナス成長となったメキシコ経済がさらに打撃を受けることは必至だ。

雑記

米中の対立は相変わらずですが、アメリカというかトランプ大統領のメキシコに対する言いがかりのような主張がまたもや繰り返されています。しかも今回は関税まで上げるとかなんとか。壁の建設費用を出せという主張に比べれば、アメリカに流入していく中米の移民を止めろという主張はまだましなようにも聞こえますが、もしそうするとアメリカを目指していた中米移民がメキシコにとどまってしまうので、そう考えるとかなり厳しい要求だと思います。しかも期限は1ヵ月しかありません。メキシコへの追加関税は避けられないでしょう。

去年の今頃はすごい勢いで金価格が下落していましたけど、今年はこの調子だとまだまだ下落しそうにありません。米中対立は終わりが見えないし、イギリスのブレグジットもあります。これらの大きな経済不安があるので金価格下落は期待できません。個人的には年末に向けてしっかり下げてもらわないと、年始の上昇も期待できないのでアメリカにはそろそろ落ち着いて欲しいところです。しかし、再選を目指すトランプ大統領が手を緩めることはないでしょう。困ったもんです、、、

それではまた・・・