投資のメソッドで無理なく稼ぐ−取引記録すべて公開−

「お金がずっと増え続ける 投資のメソッド アイドルのわたしでも。」を読んでマネーパートナーズに口座を開設し、200万を元手に金取引を始めました。金ドル市場で1オンスずつ取引をしています。3ドル下がったら買って、4ドル上がったら売ります。ギャンブルじゃない投資を実践していきたいです。毎週土曜日更新予定です。※投資は自己責任で行ってください。

高頻度株取引の回線をひく映画が面白そうなので日本でも劇場公開して欲しい

製作中のアメリカ映画の記事を読みました。

gigazine.net

この記事を読んだときに「この話本で読んだことあるけど、ノンフィクション映画じゃないの?」と思いましたが、記事にはどこにもノンフィクション映画とは書いてありませんでした。

アルゴリズムが世界を支配する (角川EPUB選書)

アルゴリズムが世界を支配する (角川EPUB選書)

 

この映画ではアメリカのニュージャージー州からカンザス州までを直線の光ファイバーケーブルで結ぶ話となっていますが、「アルゴリズムが世界を支配する」で読んだのはシカゴーニューヨーク間でした。その真直ぐな回線はすでに敷設してある回線よりも物理的に往復160キロ短縮され、通信速度は4ミリ秒(1000分の4秒)だけ早くなるそうです。とんでもなく高い金をかけて新たに回線を通してたった4ミリ秒です。しかし高頻度取引ではそれだけですべてが決まる圧倒的な差異になるそうです。

先日読んだ「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」でも少し似たような話がありました。

昔は日経平均先物日経平均で5%とか乖離していた。そういう現象が察知されたら、安いほうで買って高いほうで売れば、機械的に儲けられた。

価格差を利用して右から左に動かすだけで利益を出せたんですね。江戸時代に日本の金を海外に輸出して儲けた話にも似てます。

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

 

予告編を見た感じだと投資の話というわけではなさそうですけど、日本で劇場公開されることがあればぜひ観に行きたいですね。